痛車の歴史

有名なアニメを車に反映させる痛車は、知られていないだけで歴史があるのです。昔は今のように派手さはなく控えめな印象でした。しかし、現在は痛車を作る専門業者が現れ、技術も向上しています。

痛車のレベル上げができる加工オプション

カットパス作成

ステッカーを印刷した後、キャラクターの輪郭に沿ってカッティングを行ないます。そのために、バスデータの作成を行ない、加工していきます。背景を残した対応のカットパスは、リーズナブルで自分の好きなイラストをそのまま使うことができます。対して背景をしたカットパスは、好きな色を自由に選択して編集できます。

出力データを編集する

画像データを拡大すると、かえって画像が荒くなりかっこ悪くなりますが、修正すれば比較的キレイに仕上げることができます。追加料金があるケースもありますが、より美しくするなら安いもんでしょう。

カット加工を施す

印刷済みのステッカーをカットパスに沿って切り取っていく作業です。この方法を使うことで、キャラクターのみのステッカーが完成します。滑らかな仕上がりにするなら、マシンカットでの加工が望ましいでしょう。

転写シートを張り付ける

形を崩さず、そのままの状態で写すなら転写シートの貼り付け加工が必要です。また、転写シートを使えば、対象物に張り付けても転写シートだけ無事剥がすことが可能です。

ワックスをかける

痛車にツヤを出す場合は、ワックスがけがおすすめです。ガラスコーティングでもいいでしょう。傷がつきにくくなります。大阪にもガラスコーティング専門店があるので話を持ち掛けてみましょう。

初めての痛車は疑問ばかり

好きなアニメキャラクターや、デザインを愛車にあしらいたい場合、どういった感じで作られるのか疑問が生じます。モヤモヤを消して、依頼できる体制を整えておきましょう。

痛車に関する疑問

痛車に興味ありますがデザインで悩んでいます

痛車専門業者では、イベントにあるような豪華なデザインを積極的に提案してくれます。また、提案だけでなくデザインも承っているので、悩んでいるなら相談をしましょう。

写真は使えますか?

技術の向上に伴い、写真やグラフィックにも対応しているので、お好きな写真を車に反映させられるでしょう。詳しくは専門業者に話を聞いてみてくださいね。

完璧な痛車ができるまでの過程を見てみよう

ミニカーを持つ人

入念な打ち合わせが必要

カーラッピングを行なう場合、用途に合わせてフィルムを選ぶ必要があります。そして施工も知識と技術が不可欠となります。痛車の専門業者は、お客様から提示された要望を忠実に再現できるよう、時間をかけた打ち合わせを心掛けています。フィルムの場合、塗装では表現できない難易度高めのマットフィルムや、まるで本物に見えるカーボン調のフィルム、好きなデザインを再現できるインクジェットタイプのフィルムと種類も多数あります。それぞれ特徴がありますから、よく相談をして選定しましょう。

内装も変えてレベルアップ!

外観だけでなく、内装もアニメ仕様にすることができます。例えば、ハンドルや座席を好きなキャラクターのイメージカラーで染めたり、小物を添えたりすれば外観や内装を同時に楽しめます。痛車でドライブを楽しむなら、カーナビが必須ですよ。好きな音楽や動画が流せるハイテクカーナビを設置すれば、ドライブがもっと楽しくなります。

痛車にして人生が変わった人の声

オーナーさんと仲良くなった

僕の痛車を作ってくれた業者のオーナーさんと意気投合してイベントに呼ばれることがありました。そこで共通の趣味を持つ人たちと話しようになり、何度も飲みにいく間柄です。痛車はマイナスに見られることもありますが、友人ができたことは大きなメリットです。

キレイな仕上がりに感動

車をデコるのは人生初めてで、失敗されたらどうしようと心配だったんですが、思い通りの仕上がりで大変満足しています。費用も納得の範囲です!

[PR]
痛車のステッカー依頼
気軽に申し込みができちゃう

[PR]
ガラスコーティングは大阪の業者へ
愛車を綺麗にしたいなら注目★

[PR]
車検を寝屋川で申し込み
料金表を調べよう!

広告募集中